仮想通貨

【2021年版】ビットコイン価格は今後どうなる?【ついに400万円突破!】

悩む人

ビットコインの価格は今後どうなるのかな?

最初に結論からお話すると、ビットコインは今後も値上がりすると考えています。

ボクがビットコイン価格が今後も上昇すると考える理由は、以下の2つになります。

  • 金融緩和政策による市場全体のマネーサプライの膨張
  • ペイパルでの決算サービスが、早ければ2021年初めからスタートする
しきぶ

上昇を見込んでいるから、ボクも資産全体の3%で範囲でビットコインを購入したよ!

そこでこの記事では、2021年のビットコイン価格の動向について、考察していきます。

ビットコインへの投資を考えている方には、参考になる情報になるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

現在のビットコイン価格は?

この記事を執筆している時点でのビットコイン価格は

40197.11ドル(≒401万円)

となっています。

2020年10月後半から、指数関数的に価格が上昇していることが分かりますね。

過去の最高金額を遥かに越えて上昇しており、どこまで上昇するかは青天井となっています。

ビットコイン価格が上昇する理由2つ

直近の価格上昇の理由として、以下の2つが考えられます。

  1. 金融緩和政策による市場全体のマネーストックの膨張
  2. ペイパルでの決算サービスが、早ければ2021年初めからスタートする

ざっくり要約すると、社会的な状況ビットコインに対して新たな価値が生まれているということです。

金融緩和政策による市場全体のマネーストックの膨張

こちらのチャートは、市場における通貨量(米ドル)の推移を示しており、2020年を皮切りに急激に通貨量が増えていることが分かります。

これは、コロナショックによる景気後退を抑えるために、FRB(米連邦準備制度理事会)による量的緩和政策によるものです。

FRBが多額の米国債などを買い入れ、市中に大量の資金が供給されたことによって、マネーストックが膨張していることを示唆しています。

通貨量が膨張していることによって、株式などのリスク資産の価格を押し上げており、その資金の一部がビットコインにも流れているためにビットコイン価格も上昇しているのです。

さらに、FRBは量的緩和政策を継続すると表明しています。

これらのことから、ボクはこれからもビットコイン価格が上昇する公算が高いと考えているわけです。

ペイパルでの決算サービスが、早ければ2021年初めからスタートする

ペイパルとは、世界で3億4000万以上のユーザーに利用されているオンライン決算サービス「PayPal」を提供する米国企業になります。

そのペイパルが2020年10月に、ビットコインやイーサリアムを利用した決済サービスを、早ければ2021年初め頃から開始すると発表しました。

ビットコインなどの仮想通貨は、資産価値という点では以前と比べてだいぶ見直されてきていると思います。

そこに、今回のペイパルの参入によって、ビットコインに『決済する』という新たな価値が生まれるわけですね。

つまり、ビットコインの価値が今まで以上に高まることが期待できるので、ビットコイン価格もそれに伴って上昇すると考えています。

同じく米決済大手のスクエア社も参入していることを考えると、ビットコインの今後は明るいと思いませんか?

2020年に起きた今後を占う重大イベント

さらに、2020年は『半減期』というビットコインにとって、非常に重要なイベントがありました。

ではなぜ、半減期がビットコインにとって重要なイベントなのでしょうか?

半減期とは?

ビットコインは2020年5月に3回目の半減期を迎えました。

ビットコインは採掘時に採掘した人(マイナー)に対して、採掘報酬としてビットコインが支払われる仕組みになっています。

半減期とは、このマイナーに支払われる採掘報酬が半分になるタイミングを言い、このように過去2回の半減期があり、2020年5月が3回目の半減期でした。

半減期採掘報酬
当初(半減期前)50BTC
1回目(2012年11月)25BTC
2回目(2016年7月)12.5BTC
3回目(2020年5月)6.25BTC

半減期が設けられている理由は、市場におけるビットコインの流通量を制限し、価値を一定に保つためです。

半減期を迎えるごとに採掘報酬が半分になるということは、それだけ採掘コストがかかるようになり、流通量をコントロールできるのです。

半減期の前後は価格が上昇しやすい

この半減期の前後は、ビットコイン価格が上昇する傾向があります。

つまり、2020年5月に半減期を迎え、次回の半減期は2024年と言われていることから、2021年は半減期後の価格上昇が期待できるのです。

今後のビットコインには期待しかない!

今回は2021年のビットコインについて、ボクなりの考察を行っていきました。

(考察するだけではあまりにも無責任かなと思ったので、実際に資産全体の3%分のビットコインを購入しました!今後の爆上がりにワクワクが止まらない(笑))

ちなみにボクがビットコインの売買にコインチェックを使っています。

コインチェックはマネックスグループ傘下に入って以降、これまで以上にセキュリティ対策に力を入れているため、安心して仮想通貨の取引を行うことができます。

また、コインチェックはスマホアプリも非常に使いやすいので、仮想通貨の売買をこれから始めようという方にもおすすめです!