FIREについて調べる

やりたい仕事と両立できる!サイドFIREの魅力を徹底解説【お金は二の次】

こんにちは、しきぶです。

欧米の20代〜30代(ミレニアル世代)の間で、FIREというライフスタイルが人気を集めており、その考え方を広めるFIREムーブメントという動きも活発に行われています。

FIREとは、「Financial Independence, Retire Early」の頭文字を取って作られた略称で、日本語では「経済的独立、早期退職」です。

そして私が目指すサイドFIREとは、「少しくらいは働いて稼ごうぜ!」という発想に基づくFIREです。

日本ではセミリタイアという言葉の方が馴染みがあるかもしれません。

このような方におすすめ!
  • サイドFIREの魅力を知りたい方
  • なぜサイドFIREを目指しているのかを知りたい方
  • セミリタイアに興味がある方

※FIREについてもっと詳しく知りたい方は、FIREムーブメントとは?日本版FIREムーブメントは必ずやってくる!で解説していますので、合わせてご覧ください!

サイドFIREとは

冒頭でお話させていただいた通り、サイドFIREとは「少しくらいは働いて稼ごうぜ!」という発想のFIREです。

具体的に説明すると、「生活費の半分は資産の運用益でまかない、残りは労働収入で補填する」ということです。

簡単に要約すると、セミリタイアということですね。

セミリタイア≠働かない

リタイアという言葉が入っているせいか、「セミリタイア=働かない」と思われがちです。

ですが、セミリタイアの本来の意味は

常勤で働くことが必要でなくなったり、年齢や体調不良のために困難になったりしたため、非常勤でしか働かない状態をさします。

Berlitz – Today’s Lessonより引用

このように、「全く働かない」という意味はありません。

フルタイムより短い時間で少しだけ働いて、あとは自由な時間を過ごすというのがセミリタイアというわけです。

つまり、サイドFIREとは「少しだけ働いて、自由な人生を送る」というライフスタイルです。

サイドFIREの魅力

サイドFIREは、ちょっとだけ働いて、残りは配当など不労所得で暮らすことが基本となるFIREなので、ガツガツ働く必要がありません。

つまり、必要なお金だけ得られる仕事を選べば良いので、仕事選びから「お金」という軸がなくなります。

仕事の選択肢が増え、自分のやりたい仕事と両立できることがサイドFIREの魅力なんです!

さらに、働くというのも悪いことばかりではありません。

社会とのつながりを持つことができますし、いろいろな人間関係を築くこともできます。

人生を豊かにするものとして、適度な労働も大切な要素になると思います。

それでは、もう少し具体的にサイドFIREの魅力を見ていきます。

1:住む場所の選択肢が増える

先ほどもお話しさせていただきましたが、サイドFIREでは生活に合わせて仕事を選ぶことができます。

また、仕事の選択肢が増えるということは、住む場所の選び方にも自由度が増します。

例えば会社勤務の場合、通勤時間や通勤の利便性を考えると案外住む場所って限られてくるものです。

ドアtoドアで30分圏内が良いとか、家賃補助をもらうためには半径◯km圏内じゃないとダメとか選択肢が意外と少ないです。

さらに、都内だと家賃もそれなりに高いので、月々の生活費も増えてしまいます。

仕事選びの自由度が増すことで、住む場所も自分の生活スタイルに合わせて、柔軟に選べるということもサイドFIREの魅力です。

2:サイドFIREは達成に必要なお金が少ない

不労所得と労働収入の両輪なので、一般的なFIREよりも必要なお金は少なくなります。

基本的にはFIRE達成に必要な資産は5,000〜6,000万円と言われています。

しかし、サイドFIREでは、労働による収入もあるため、2,500〜3,000万円の資産で良いとされています。

つまり、一般的なFIREと比べて半分の資産で達成することができると言うわけです。

詳しくは、サイドFIREに必要な貯金額は?貯蓄を増やす工夫も紹介という記事をご覧いただければと思います。

また、不労所得と労働収入の合計が生活費を上回っている場合は、その余剰資金を投資に回して、さらに不労所得を増やすことができます。

なぜ仕事をするのか?を考えてみる

サイドFIREは働くことが前提のFIREのため、

  • 「FIREなのに働くなんて意味無いじゃないか!」
  • 「それじゃ今と変わらない!」
  • 「そもそも仕事したくないからFIREを目指したのに!」

と思う方も多いことでしょう。

では、そもそもどうして仕事をするのでしょうか?

この質問に対して、「お金のため」「生活のため」と考えてしまった方はもう少し深堀りして考えてみましょう。

私の場合は、自分のスキルを活かせて、社会の役に立ちたいという思いから、システムエンジニアの仕事をしています。

これからは今の仕事だけでなく、いろいろな仕事にチャレンジして視野を広げたいと考えています。

なので、サイドFIREをできるだけ早期に達成し、いろんな仕事をしてみたいと思っています。

お金のためだけに仕事をするのは、非常にもったいないと思います。

やりたい仕事を思う存分やるためにサイドFIREを目指す、というのもアリなんじゃないですかね!

仕事が嫌いなわけじゃない

「仕事が嫌い」と思っている方は、本当に仕事が嫌いなのでしょうか?

おそらくですが、仕事そのものが嫌いというわけではなく、仕事における次のようなことが嫌いなのではないでしょうか?

  • 過度なプレッシャー
  • 過度なストレス
  • 長時間労働
  • 私生活を仕事に合わせなければならない
  • 頑張っても評価されない

このような過度な労働状況が、「仕事が嫌い」ということにつながっていると思います。

サイドFIREでは、自分の生活スタイルに合わせて仕事の量や時間をコントロールできます。

サイドFIREの魅力としても挙げましたが、適度な労働はやりがいや社会とのつながりが持てるため、多くのメリットがあります。

そのため、サイドFIRE達成後もちょっとした仕事は続けていきたいと考えています!

サイドFIREは、私が思う最適解【お金は二の次】

サイドFIREの魅力について、お話してきました。

特に現代は、インターネットの発達によって、ちょっとした仕事を簡単に探せる環境が整っています。

サイドFIREにとっては非常に良い状況だと思います。

私のように自分の生活スタイルに合わせて、いろいろな仕事を経験したいと考えている方にとって、サイドFIREは最適解だと思います

さらに、働き方改革の推進や、新型コロナウィルス終息後の新しい生活様式の展開によって、生活スタイルや労働環境も大きく変わっていくでしょう。

今までの常識が通用しなくなってきている今の時代、過去に囚われず、将来を見据えって自分の人生を歩んでいくのも面白いと思いませんか?

最後に、FIREについて学ぶ際におすすめの書籍をいくつかご紹介させていただきます。