ロボアド

【ロボプロはじめました!】AIで相場を先読み!?今までにない進化版ロボアドバイザー

こんにちは、しきぶです。

今回は、前々から気になっていたロボアドバイザー『ロボプロ』をついに始めました!

このロボアドバイザーの凄いところは、「AIによって相場を先読みし、ポートフォリオを大胆に変化させてパフォーマンスの最大化を目指す」という点です。

まさに今日(2020/12/11)入金を完了させたばかりなので、ポートフォリオの構成やリターンはお見せできませんが、今後の動きが楽しみで今からワクワクしています!

そこで今回は、この今までにはなかった進化版ロボアドバイザー『ロボプロ』についてまとめてみたいと思います。

『ロボプロ』とは?

改めて『ロボプロ』とは、テーマ投資でおなじみの「株式会社FOLIO」が提供する今までにはなかった全く新しい進化版ロボアドバイザーです。

私が普段も使っているWealthNaviなどの一般的なロボアドバイザーは、ユーザーのリスク許容度に応じてポートフォリオの構成や比率が設定されます。

そのため、運用中はポートフォリオを大きく組み替えることはほとんどありません。

王道のインデックス投資を着実に進めてくれるのが一般的なロボアドバイザーです。

一般的なロボアドバイザーは、インデックス投資で長期的に着実な資産運用を行う

(例:WealthNaviなど)

ロボプロは、AIを駆使して短期的なマーケットの動きを分析・予測して、ポートフォリオを大きく変更しながら運用するロボアドバイザーになります。

一般的なロボアドバイザーとは反対に、アクティブ運用に近い運用スタイルだと言えます。

また、アクティブ運用に近い運用を行うため、長期的なリターンだけでなく、短期的なリターンも期待できる特徴があります。

ポートフォリオを大胆に変更しながら、アクティブ運用に近い運用スタイルで短期〜長期のパフォーマンス向上を目指す

『ロボプロ』の特徴

運営元の株式会社FOLIOによれば、ロボプロの特徴として次の3つを挙げています。

ロボプロの特徴
  1. 40個以上のマーケティングデータを活用して相場を先読みする
  2. 膨大な量のデータをAIを駆使して正確に分析し、未来予想を行う
  3. パフォーマンスの最大化を目指して大胆に投資配分を変更する

40個以上のマーケティングデータを活用して相場を先読みする

ロボプロが相場を先読みする上で活用しているマーケティングデータは40個以上あるそうです。

おもに先行指標と呼ばれる株式指数や債権、コモディティの価格などを使用しています。

主な専攻指標は以下のようなものを活用しているそうです。

膨大な量のデータをAIを駆使して正確に分析し、未来予想を行う

40個以上のデータを様々な角度、切り口で計算するにあたり、人間では限界があります。(もはや不可能ですね(笑))

そこでAIを使用して、効率的かつ正確に処理しているわけです。

また、これらの分析は日々行われているそうです。

パフォーマンスの最大化を目指して大胆に投資配分を変更する

ロボプロでは、月1回ポートフォリオを組み直すリバランスが行われます。

ただ、アメリカ大統領選挙のような世界的にインパクトのあるイベントや、市場環境の変化がある際は臨時のリバランスが行われます。

このようにポートフォリオを状況に合わせて組み替えることによって、パフォーマンスの最大化を図っているというわけですね。

『ロボプロ』のメリット

現状、私が考えるロボプロのメリットは次の点です。

メリット
  1. 手数料が安い
  2. ETFを使用したリスク対策
  3. ポートフォリオを他の投資に活かせる

手数料が安い

ロボプロの手数料は基本的に「年率1%(税抜)」となっています。

(3000万円を超える部分については、年率0.5%(税抜)になります)

新しいサービスではありますが、非常に良心的な手数料だと思います。

WealthNaviと同等の手数料ですね。

ETFを使用したリスク対策

高パフォーマンスを目指すからと言って、怪しい銘柄などに投資していないか心配する方もいることでしょう。

ご安心ください。ロボプロはVTIやVWOといった超優良ETFに対して投資しています

ETFを使用しているため、銘柄としてのリスク分散も行われており、安心して資産を預けることができますね。

ポートフォリオを他の投資に活かせる

ロボプロは、40個以上ものマーケティングデータをAIが分析して、現状にあったポートフォリオを導いてくれるわけです。

ロボアドバイザーの他に投資をしている方は、非常に興味深い情報をそのポートフォリオから得ることができるのではないでしょうか。

『ロボプロ』のデメリット

定期的な積立ができない

2020年12月現在ではまだ、定期積立を行う機能がありません。

なので、積立を行う際は、その都度入金の手続きを行う必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ロボプロの凄さが少しは伝わったんじゃないかなと思います。

私もつい最近、口座開設と初回の入金を済ませたばかりなので、具体的な実績を持っていません。

なので、定期的にロボプロの実績もブログで公開していきたいと思っています!

今後のロボプロの活躍に好ご期待!!

※最後に、投資は自己責任で!

本記事で取り上げたロボアドバイザー

本記事では、王道のインデックス投資を着実に行う「WealthNavi」とアクティブ運用に近い運用スタイルで短期〜長期のパフォーマンス最大化を目指す「ロボプロ」の2つを取り上げました。

自身のリスク許容度や投資スタイルに合わせて、最適なロボアドバイザーを選びましょう!

FOLIO ROBO PRO
RELATED POST