ロボアド

【FOLIO ROBO PRO運用3ヶ月目】米国株の比率が再び上昇しました!

ロボプロの2021年3月の運用実績アイキャッチ

FOLIO ROBO PROの運用実績を教えてください!ポートフォリオの状況も知りたいです!

このような希望にお応えする記事を書きました!

FOLIO ROBO PROは2020年1月にサービス開始されたロボアドバイザーなのですが、さまざまなマーケットデータをAIで分析し、相場の動きを先読みして運用するという特徴があります。

さらに、分析に基づいてポートフォリオを大胆にリバランスしながら、リターンの最大化を目指すという特徴もあります。

相場の動きを先読みなんてできるの?

たしかに、”相場を先読みする”ってなんだか胡散臭い感じがしますよね?

そこで本記事では、実際にボクの運用実績(2021年3月実績)を解説して、FOLIO ROBO PROの実力を見ていきます!

FOLIO ROBO PROを始めようか迷っている方や、他のロボアドバイザーとの違いを知りたい方にとって、非常に参考となる内容となっているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

2021年3月時点の運用実績(運用3ヶ月目)

FOLIO ROBO PROの2021年3月実績グラフ

初回入金額は10万円で、運用開始以来、資金の追加は行っていません。

運用3ヶ月が経過したFOLIO ROBO PROの運用実績は、

+9,085円(9.0%の運用益)

前月の運用益が+8,812円だったので、前月比もプラスで推移しています。

冒頭でもお話したとおり、ボクは運用開始以来、資金の追加を行っていませんので、この運用益は純粋にFOLIO ROBO PROによる運用だけで発生したものとなります。

完全放置で利益を出してくれているので、今後も資金追加はせずに放置プレーでどこまで利益を出せるか見ていこうと思います!

ボクはFOLIO ROBO PROについて、「リアルマネーを使った実証実験」的なスタンスで運用しています。

これからも月1回のペースで実績を報告していくので、今後の結果が気になる方はぜひ継続的に読んでいただければ嬉しいです!

2021年3月時点のポートフォリオ

ロボプロの2021年3月のポートフォリオ

新興国株と米国株で全体の約60%を占めており、先進国株も合わせると全体の約70%が株式のポートフォリオになっています。

また、債券クラスは米国債+ハイイールド債で20%弱となっています。

米国株の比率が大きく上昇しました!

FOLIO ROBO PROの2月と3月のポートフォリオ比較

2021年3月も前月からポートフォリオがリバランスされました。

具体的な変更点は

  • 米国株の割合が大幅に上昇した
  • 米国債券の割合が大幅に上昇した
  • ハイイールド債の割合が半減
  • 先進国株の割合が半減
  • 金(ゴールド)の割合が半減

先月の構成比トップ3に入っていたハイイールド債と先進国株が、今月は一気にその比率が減りましたね。

反対に、米国株と米国債券が大きく上昇しています。

FOLIO ROBO PROの特徴である「AIを駆使した大胆なリバランス」が実践されていると感じますよね。

ポートフォリオ(2021年3月時点)に対する所感

それでは、2021年3月時点のポートフォリオについて考えていきます。

ポートフォリオの構成やリバランスの考え方については、公式には公開されていないのであくまでボク個人の考察であることは、予めご了承ください。

まずは、改めて先月から変わった点をまとめると

  • 米国株の割合が大幅に上昇した
  • 米国債券の割合が大幅に上昇した
  • ハイイールド債の割合が半減
  • 先進国株の割合が半減
  • 金(ゴールド)の割合が半減

この変更点の中で、ボクが注目しているのは「金(ゴールド)の割合が半減」したという点です。

金価格の下落トレンド継続により、金の割合がさらに減少した

2021年3月時点の金価格チャート

こちらは金価格の推移を示すチャートになるのですが、2020年8月につけた直近高値の2089.20ドル以降、高値を切り下げていて安値も更新しているので下落トレンドが継続しています。

さらに、青いラインが50週移動平均線になるのですが、現状ではその50週移動平均線を大きく割り込んでしまっています。

このようなことから、金価格の下落はこれからもしばらく続くことが予想されるので、ポートフォリオにおける金(ゴールド)の比率が小さくなったとボクは見ています。

ちなみに、金(ゴールド)は株式や債券と違って保有していても配当や利息が付きません。

この点からも、金(ゴールド)の比率を下げ、米国株や米国債の比率が上昇したと考えています。

FOLIO ROBO PROは画期的なロボアドバイザー!

本記事では、2021年3月時点の運用実績とポートフォリオの内容について解説してきました。

FOLIO ROBO PROの運用を始めて3ヶ月が経ちますが、AIによる相場分析についてボク個人としては有用な手法の一つになると考えています。

ボクがこのように考える理由として、運用開始以来、しっかりとプラスの運用益を出していることも理由の一つですが、それだけではありません。

直近の米国における長期金利上昇を見据えて2月は米国株の比率を下げ、ハイイールド債の比率を高めています。

さらに、3月は金価格の下落トレンドが継続する公算が大きいことから、利息の付かない金(ゴールド)の比率を下げ、米国株や米国債の比率を高めています。

このように、相場分析に基づいてその時々で高パフォーマンスが期待できるポートフォリオを組んでいる点が、ボクがFOLIO ROBO PROに期待する最大の理由です。

今回の記事で、FOLIO ROBO PROに興味を持った方は、『10分でできる!FOLIO ROBO PRO(ロボプロ)の始め方【超簡単】』という記事もあるので、合わせて読んでみてくださいね!

\ 公式サイトをチェックしよう! /

FOLIO ROBO PRO

RELATED POST