ロボアド

【FOLIO ROBO PRO運用7ヶ月目】今月は大きな変化あり!トップは米国債券!?

FOLIO ROBO PROの2021年7月運用実績のアイキャッチ

7ヶ月目の運用実績報告になります!

FOLIO ROBO PROはロボアドバイザーと呼ばれるサービスであり、投資家に代わって実際に投資をしてくれものになります。

さらに、FOLIO ROBO PROには「AIを活用して相場を先読みする」という他のロボアドバイザーには無い、大きな特徴があります。

本記事では実際にボクが運用しているポートフォリオや実績をまとめているので、FOLIO ROBO PROを始めようか迷っている方に非常に参考になる内容となっているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

2021年7月時点の運用実績(運用7ヶ月目)

FOLIO ROBO PROの2021年7月運用実績

FOLIO ROBO PROの初回入金額は10万円になっていて、ボクは運用開始以降、追加資金なしで運用を続けています。

それでは、運用開始後7ヶ月の運用実績ですが、

+14,958円(14.9%の運用益)

前月が+14,469円だったので、前月比で若干のプラスではありますが、ほぼ横ばいと言って良いでしょう。

2021年7月時点のポートフォリオ

FOLIO ROBO PROの2021年7月時点のポートフォリオ

こちらが7/26時点のポートフォリオになります。

米国債券とゴールドの2つで全体の6割強を占めています。

株式については、米国株が主体の構成となっていて、先進国株と新興国株の構成比は非常に小さいものとなっています。

株式と債券が大幅にリバランスされました!

FOLIO ROBO PROの6月と7月のポートフォリオ比較

2021年7月のポートフォリオは、株式と債券が大幅にリバランスされました。

具体的なリバランス内容はこんな感じです。

  • 株式は全資産クラスにおいて、前月比で半減
  • 米国債券は金額ベースで約2倍に増加
  • ハイイールド債も大幅に増加

FOLIO ROBO PROは積立投資にも活用できる!

本記事では、2021年7月時点の運用実績とポートフォリオの内容について解説してきました。

FOLIO ROBO PROは追加資金無しでも14%前後の運用益を出すことができているわけですから、投資初心者の方にもおすすめできるロボアドバイザーだとボクは考えています。

さらに、FOLIO ROBO PROでは2021年4月から積立投資ができるようにもなったので、毎月コツコツ積み上げていきたいという方にもおすすめできるロボアドバイザーです!

ロボアドバイザーを活用した長期積立運用を考える際、ぜひFOLIO ROBO PROも選択肢の一つとして検討してみてください!

FOLIO ROBO PROを始めたい方は、『10分でできる!FOLIO ROBO PRO(ロボプロ)の始め方【超簡単】』という記事もあるので、ぜひ読んでみてください!

\ 公式サイトをチェックしよう! /

FOLIO ROBO PRO

RELATED POST