米国株ETF

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

こんにちは、しきぶです。

今回はバンガード社の、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)を紹介していきたいと思います。

このETFですが、まさに米国株式投資の王道ETFとなります!

WealthNaviやロボプロといった、ロボアドバイザーでも採用されている超優良ETFになります。

VTIの基本データと特徴

VTIは、バンガード社によって運用されている人気ETFです。

最大の特徴は、

「米国株式市場における投資可能な銘柄のほぼ全ての銘柄で構成されている」

という点です!

もちろん、S&P500採用銘柄も全て含んでいます。

一言でまとめると、米国株式市場全体に分散投資できるETFということです!

VTIの基本データ
  • 運用会社   :バンガード社
  • インデックス :USトータル・マーケット・インデックス
  • 経費率(年率):0.03%
  • 配当利回り  :1.51%
  • 配当     :2.87ドル
  • 構成銘柄   :3586銘柄
  • 設定日    :2001年5月24日

注目してほしいのは、経費率の低さです!

同社が運用するS&P500連動ETF(VOO)と同じ経費率となるため、長期投資を考えている方にピッタリのETFです!

【VOO】バンガード・S&P500連動ETF Freepik - jp.freepik.com によって作成された woman 写真 こんにちは、しきぶです。 ...
まとめ
  1. 米国株式市場のほぼ全てに分散投資できる
  2. WealthNaviなどのロボアドバイザーにも採用される超優良ETF
  3. 経費率が0.03%と非常に低いため、長期投資に最適

VTIの構成銘柄とセクター

構成銘柄とセクター比率を見ていきます。

構成銘柄

2020年11月末時点の構成銘柄上位10銘柄は以下のようになっています。

バンガード社の公式サイトより引用

VTIは米国株式市場全体に投資していることもあり、上位10銘柄といってもしっかりと分散されていることが分かります。

セクター比率

セクター構成は以下のとおりです。こちらも2020年11月末時点の情報となります。

バンガード社の公式サイトより引用

セクター別では、IT・ハイテク分野で約25%を占めています。

「VTIのセクター比率=米国株式市場全体のセクター比率」と考えると、米国はIT・ハイテク銘柄が非常に多いことが分かりますね!

米国経済の成長を牽引していると言っても過言ではないでしょう。

まとめ
  1. 上位10銘柄も程よく分散されている
  2. IT・ハイテク分野で約25%を占めている

最近のチャートは?

直近10年のチャートになりますが、しっかりと右肩上がりで成長していますね。

直近もリターン

2020年11月末時点でのトータルリターンはこんな感じです。

バンガード社の公式サイトより引用

設定来リターンは8%ということで、十分と言えるリターンでは無いでしょうか。

まとめ
  • 安定した成長が見込める
  • トータルリターンは8%で優秀な成績である

まとめ

今回は、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF『VTI』について紹介しました。

特徴はこんな感じです。

  • 米国株式市場のほぼ全てに分散投資できる
  • WealthNaviなどのロボアドバイザーにも採用される超優良ETF
  • 経費率が0.03%と非常に低い
  • 安定した成長が見込める

長期運用を目的とした投資を考えている方には、相性バッチリのETFだと思います!

効率的な資産運用について

VTIは安定感があり、長期運用向きの銘柄であると言えます。

しかし、株式という性質上、必ずプラスになるとは限りません。そのため、資産運用を行う上では株式だけでなく、債権や金、不動産などに分散投資することが基本となります。

自分自身でポートフォリオを作ることも可能ですが、投資初心者には少々ハードルが高いと思います。

そこでおすすめなサービスが『WelthNavi』です。自動で適切な資産配分で運用してくれるので、分散投資に最適なサービスです。私も絶賛運用中です!

難しいことはなく、口座に元本を振り込むだけなので、忙しい会社員の方や主婦の方におすすめです。

また、毎月定額を積み立てることもできるため、手間もかからず継続しやすいと思います!

【投資初心者向け】おすすめロボアドバイザー徹底比較 Designed by pch.vector / Freepik こんにちは、しきぶです。 投資を始めたての方向け...

こんなロボアドもあるよ!

WealthNaviの他にもおすすめのロボアドバイザーがあります。

それは、株式会社FOLIOが提供する「ロボプロ」です。

ロボプロは、AIを駆使して様々なマーケティングデータを分析に、相場の先を読んで投資を行ってくれるロボアドバイザーです。

手軽にアクティブ運用をしたいという方にピッタリのロボアドバイザーです。

私もサテライト運用の一つとして、ロボプロでの運用を始めました!

【ロボプロはじめました!】AIで相場を先読み!?今までにない進化版ロボアドバイザー Designed by iuriimotov / Freepik こんにちは、しきぶです。 今回は、前々から気にな...
RELATED POST