ロボアド

ウェルスナビの手数料は本当に高いのか?【ロボアドバイザー比較あり】

こんにちは、しきぶです。

遅れましたが、ウェルスナビの東証マザーズ上場おめでとうございます!

さて、私も普段から大変お世話になっているロボアドバイザーのウェルスナビですが、このロボアドバイザーでは預かり資産の1%を手数料を払うことになります。

WealthNaviでは、預かり資産の1%(現金部分を除く、年率、消費税別)を手数料としていただいております。また、預かり資産の3000万円を超える部分には0.5%(現金部分を除く、年率、消費税別)を手数料としていただいております。

出典:「手数料はどれくらいかかりますか?」 | WealthNavi よくあるご質問

この年間手数料1%に対して、このような声をたまに耳にします。

「年間手数料1%は高すぎる」

「ウェルスナビが採用するETFはどれも経費率1%未満なのだから、自分で同じ銘柄に投資したほうが手数料より安い」

年間手数料1%とは、例えばですが、10万円をウェルスナビに1年間預けた場合、1,000円が年間手数料となり、これを日割りで計算します。

まぁ、この1,000円を高いと見るか、安いと見るかは人それぞれ考え方があると思います。

しかし、少なくとも私は、「安い」と考えます。

そこで、この記事ではウェルスナビの年間手数料1%が本当に高いのか、ウェルスナビに1%の手数料を払ってまで資産を預ける価値があるのか、このあたりのことをお話させていただきます。

この記事でわかること
  • 年間手数料1%は本当に高いのか?
  • 手数料以上の価値がウェルスナビにはあるということ

ウェルスナビの手数料は高いのか?

まずはじめに、ウェルスナビが他社のロボアドバイザーと比較して、手数料に差があるのか確認してみましょう。

今回、ウェルスナビと比較するロボアドバイザーは、業界を代表する次の3つです。

  • LINEスマート投資(ワンコイン投資)
  • ROBO PRO(ロボプロ)
  • THEO(テオ)

また、比較する上での基準として、各ロボアドバイザーが公表する一般的な手数料を使用します。

ウェルスナビ年率1%
LINEスマート投資(ワンコイン投資)年率1%
ROBO PRO(ロボプロ)年率1%
THEO(テオ)年率1%
※ウェルスナビ含め、今回比較対象とするロボアドバイザーは、一定の基準を満たすと手数料が割り引かれるサービスを提供していますが、適用基準が異なるため、公平を期すために割引後の手数料は比較範囲外とします。

ウェルスナビが他社のロボアドバイザーと比較して、特別に手数料が高いわけではありません。

むしろ、業界平均の手数料設定だと言えますね。

ウェルスナビの手数料以外は基本無料

さらに、入出金手数料や売買手数料などは、ウェルスナビ側が負担してくれるので、ユーザー側はこれらの手数料を追加で支払う必要はありません。

ただし、振込で入金した場合、金融機関側で発生した手数料はユーザー負担となるため注意しましょう。

同じポートフォリオを組むだけなら、たしかに安い

ウェルスナビが投資先として採用しているETFは、ウェルスナビでなくとも個人で同じようにポートフォリオを組んで売買することが可能です。

各ETFはどれも経費率が低いものとなっており、自分で取引したほうが手数料だけ見ればたしかに安くなるでしょう。

しかし、

  • 自分で組んだポートフォリオを定期的にモニタリングし、適切なタイミングでリバランスすることができますか?
  • 自分で取引をして、ウェルスナビ以上のリターンを期待できますか?
  • コロナショックのような暴落時に、狼狽売りせず、客観的に相場と向き合えますか?

世界における一部の富裕層や機関投資家であれば可能かもしれませんが、私のような一介の兼業投資家ではほぼ100%無理でしょう。

私は100%無理だとわかっているから、ウェルスナビをはじめとするロボアドバイザーに資産を預けていると言っても良いです。

ロボアドバイザーの本質は、超優秀なファンドマネジャー

そもそもロボアドバイザーへの投資とは、超優秀なファンドマネジャーが運用する投資信託に資金を預けることです。

投資信託である以上、信託報酬が発生するのは当たり前です。

投資信託の種類によって信託報酬は異なりますが、年0.5~2.0%程度が一般的です。

出典:信託報酬│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

このように信託報酬の相場が年0.5〜2.0%であることを考えると、年間手数料1%で世界水準の金融アルゴリズムを駆使した運用をしてくれるウェルスナビはめっちゃコスパ良いと思いませんか?

年間1%の手数料なんて些細な問題でしかない

ウェルスナビはサービス開始来、一番低リスクの場合でも+23.8%(2016年〜2020年)のリターンを達成しています。

詳しくは、ウェルスナビ公式サイトをご覧ください。

つまり、年間1%の手数料なんて長期投資における将来リターンを考えれば、些細な問題でしかないと言うわけです。

年間1%の手数料をケチって、自分でポートフォリオを組んで運用してもここまでのリターンは難しいと思います。

さらに、直近のコロナショックのような大暴落時に狼狽売りしてしまった場合、将来リターンを減らしかねません。

狼狽売りによって減ってしまった将来リターンに比べれば、年間1%の手数料なんて安いものです。

目先の手数料より将来のリターンの目を向けよう!

ここまでの内容をご覧になって、

「ウェルスナビの年間手数料1%は高いのか?」

という問いに対してどのような回答をあなたはするでしょうか?

ここで簡単に本記事の要点をまとめておきますね。

  • ウェルスナビの年間手数料1%は、ロボアドバイザーでは平均的な設定であり、特別高いわけではない
  • 同じポートフォリオを自分で組んで運用しても、ウェルスナビ以上の投資成果を出すことは難しい
  • ウェルスナビを凄腕ファンドマネジャーが運用する投資信託とすると、年間手数料1%はコスパ最強
  • 長期投資における将来リターンを考えた場合、年間1%の手数料なんて些細な問題でしかない

目先の手数料だけで判断せず、将来的に期待のリターンにしっかりと目を向けましょう!

※投資は自己責任でお願いします!

RELATED POST