ロボアド

【初心者向け】WealthNavi(ウェルスナビ)の積立はいくらがおすすめなのか?

こんにちは、しきぶです。

今回は、毎月いくらウェルスナビに積み立てようか、迷ってしまい決められない方に向けて考え方をまとめようと思います。

毎月の積立額を決める際には、目標設定が非常に大切です。

目標が決定すれば、1年間でいくら積み立てればよいか、そのために毎月いくら投資に回すかが見えてきます。

投資初心者の方は、まずこの記事を一読してもらうと、本記事の内容をより深く理解できると思います。

目標設定をしっかり立てましょう

毎月の積立額を決定するためには、最終的なゴール・目標を明確にすることが重要です。

ですが、多くの方は

目標を決めろと言われても、どう考えれば良いか分からないなぁ

と思ってしまうのではないでしょうか?

そこで、目標を立てる際のポイントをまとめてみました!

なぜ、あなたは投資を始めようと思ったのか?

次の質問に対するあなたの答えは何でしょうか?

なぜ、あなたは投資を始めようと思ったのですか?

いかがでしょうか?

この質問に対するあなたの答えが、目標を決める際の切り口となります。

例えば、25歳のAさんが、

「定年(ここでは65歳と仮定)までに2,000万円を用意しよう」

と考えた場合、Aさんの目標は『40年で2,000万円』となります。

また、同じ25歳のBさんですが、

「結婚とかを考えたら、30歳前半くらいまでに300万円くらい準備しておきたいなぁ」

と考えていたとすれば、『5年で300万円』を目標とすると良いですね。

このように、投資を始めようと思ったキッカケがあるはずです。

そのキッカケから目標を考えていくことが一番の近道ですし、投資を始めてからのモチベーションにも繋がります!

具体的な積立額を決めよう

もう目標は決まっているという方は、具体的な月々の積立額を決めていきます。

ただ、ウェルスナビを利用する場合は、6つの簡単な質問に答えるだけで最適な積立額とポートフォリオをシミュレーションすることができます。

ここでは、20代のCさんが30歳までに住宅購入の頭金(700万円)を用意する例で考えてみたいと思います。

次のシミュレーションは、毎月5万円を積み立てて運用した場合になります。

※ウェルスナビの無料診断より引用

この場合だと、70%の確率で目標としている10年で700万円を達成できそうですね。

さらに、30%と確率はそれほど高くありませんが、1,000万円の大台も見えてきていますね。

これを毎月の積立額を5万円→1万円にした場合、シミュレーションはこんな感じに変化します。

※ウェルスナビの無料診断より引用

この場合だと、目標達成は少し厳しそうですね。

最もうまく運用できた場合でも、400万円に届きません。

これらのシミュレーション結果から、Cさんは月5万円が積立額として良さそうと判断することができます。

このように、目標が決まってしまえば、あとはウェルスナビが提供する診断サービスでシミュレーションしながら毎月の積立額を決めていけば良いというわけです!

ただし、あくまで投資は余裕資金で行うことがベストです。

月5万円を投資に回したことによって、日々の生活がキツくなってしまっては元も子もありません。

無理のない積立額を設定しましょう!

まとめ

いかがでしょうか?

まずは目標設定をしっかり行うことが大切です。

目標を設定する際は、「なぜ、投資を始めようと思ったのか?」を考えてみてください。

自ずと目標が見えてくるはずです。

目標さえ決まってしまえば、あとはさまざまな条件でシミュレーションすることによって、最適な積立額、リスク許容度、ポートフォリオをウェルスナビが提案してくれます。

ちなみに、私は早期の奨学金完済に向けて、月々の返済と並行して積立投資を行っています。

目標を達成した暁には、エンジニアとして独立も視野に入れた、新しい人生を歩みたいと考えています。

※最後に、投資は自己責任で!

RELATED POST